綺麗になりたい

読んでて楽しくないページ

嫉妬と劣等感

到底モテない人生を過ごしてきた男は これからも人生は変わることがないと諦めて 好き勝手に生きて死んでいこうと考えてた だけど自分にないものはなんだろうと 考えると洋服がないことに気づく いままで雨風をし逃げて、警察に捕まらなければ 何着てもいい…

明日の夜も見ていたいから

俺は高木ブーだ。まるで高木ブーだ。何もできないで、別れを見ていた俺は、予定調和の中で、離れ離れになる。まるで高木ブーのようじゃないか。生きろよ。死ぬな。また会えるからね。御機嫌よう!